ゆるりらと、風に揺れる柳のように

流れるまま英国へ...。僕の心に漂う何かを綴る。

自分で選べる、ということ

イギリス人に言わせれば…
この国は、alternative life だよ。(選択が出来る社会、の様なニュアンスが近いのかな?)

 

自分の人生を自分で選ぶ。
周りがとやかく言う場面や、おせっかいの様な親切もあるかもしれない。とにかく、そんなこんながありつつも、最後は自分が選ぶ。

 

  

イギリスを出て、現実社会に戻らなければならなくなった。この1年間と少しの間、何があっただろうか?全部を覚えてはいないが…。

 

まぁ、日本に一度も帰らずに過ごしたのだ、来る前より何かしら逞しくなっただろう。

 

インターネットで友人と繋がりニュースも手に入る時代だけど、日本と物理的な距離があることで、ノイズに惑わされず自分で考え、少し距離を置いて・俯瞰して物を見ることが出来ようになった(気がする)。

 

月並みですが、日本のことがもっと好きになり、もっと知りたくなり、もっと違いを感じたくなり、諸外国を含めてもっと旅をしようと決めた。

そして、もっと食べたい飲みたいな(笑)

お米とお茶とお味噌とお出汁は別格ですな。あと、日本の文房具と調理に使うラップは最高ですわ!!

 

そして、出会った友人や同僚、旅先の出会いには感謝してもしきれない。そんな、人との出会いと繋がりがあるからこそ、嫌だなと感じたことも今では良き思い出になる。

よく聞く、人は繋がって生きている。正直面倒くさい時もあるけど、繋がることは心を開くこと、そんな生き方もアリだなと気付かせてくれました。

 

そして、気軽に変わらずメッセージを送ってくれた日本の友人たちに感謝しつつ…送り出してくれた家族へ感謝の気持ちでいっぱいです。

正直に言うと…日本を離れる頃、家族に対する憎しみ・恨みのようなドス黒い気持ちで心が満ちていて、日本へ帰ろうと決心出来るかどうか本当に分かりませんでした。(だから、1年過ごせたのかもしれないけど…汗)

 

ですが、自分の存在は両親あって祖父母あって…多くの人たちの繋がりがあって今生きている。

話は大きくなるけど、必死で生き抜いてこられた先輩たち、多くの先駆者の皆さまのおかげでビザ不要最強な日本のパスポート・日本の良いイメージが形作られた、それを直接肌で感じる1年でした。

本当にありがとうございます。

 

 

そして、確かに言葉は大事だ。けど、何より勇気と大胆さを含む行動力や、動くこと・聞くこと・頼むこと…など。自分で相手の答えを決め付けず、確かめること。

書きながらも、決めつけた場面が直近であった気がするけど…とにかく、その決断を自分で選ぶこと。

 

自分で選び自分で飛び出した。この決断は無駄でなかったと思うし、僕を強くしてくれました。

生まれ変わっても必ずどこかの国で絶対1年間過ごしたい!!

 

これからも、楽しみながら前に進もうと思います。

出発進行!!

f:id:dothelaundry:20171004130728j:image