読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりらと、風に揺れる柳のように

流れるまま英国へ...。僕の心に漂う何かを綴る。

隣の芝生なんて知らない。

こちらに来る前に、友人からオススメを受けFacebookのアカウントを作りました。 そこで、本当にびっくりするのがヨーロピアン達はもちろんのこと、皆々自撮り率の高さかな。 プロフィール写真もそうだし、アタシタチ素敵でしょ〜的な写真やら、一人旅してる…

自動改札を導入

日本では、スイカ、パスモ、イコカ… ロンドンのオイスターカード…など、鉄道事業者や担当地域・エリアごとに、そして他の国々でもICカード乗車券が導入されていて、一度使ってしまうと本当に便利で手放せない。 僕が住む街から電車で30分に大きな駅がありま…

成人とは

4月に入って、成人について書く。 季節外れもいいところ、全くだ。 ずっと、心に引っかかっていたのが、年明けすぐにネットニュースで見たLGBTの成人式。 ありのままの自分で、成りたい人への一歩を踏み出す。そんな式典。 でもずっと思っていたのが、それっ…

常にスタートライン

外国にいると… 日本の代表として見られる、とか言いますが… そうとも言えるし、そうでないとも言える。 あくまで、そう感じてしまっているだけであって、 何よりあなたの意見は何?が重要なのだなと。 そして、逆も然り。 ふと出会った、とある国の出身の人…

ラーメン屋でお茶しよう。

朝から昼まで曇り、夕方から雨、雨は小雨、夜は寒いし風も吹く。 そんな毎日ですが、外国人の自分にはそれがイギリス、楽しいものです。 イギリス来てから、初めてラーメン屋さんに行きました。 お昼過ぎ、人が集まる駅前の大きな大きなショッピングモール、…

電波はどの会社がいいのか。

社会人になってから、iPhoneを大手通信会社にて契約して使い続けてきましたが、気づけばMVNOが幅を広げている時代でしたので、変えることにしました。 それが、日本を発つ半年前。 仕事を辞めたものの…イギリスに行くべきか、日本で仕事をすべきか迷い、グダ…

大丈夫、あなたの仕事じゃないのよ。

日本で働いていた時、職場は家族だなんて言われることが多かった。 サポート役やサブリーダーを女房役、だなんて表現する上司が未だにいる時代。 こちらだと、職場はチームと言われる。 それぞれの役割をきちんとこなす。それだけ。 日本で働いていた時、何…

カード社会を実感

こちらに来てから、数回ネットでお買い物をしました。 1回目の靴は最高!! 2回目の靴は…包装がボロボロならば、写真と実物が違うという最低な感じで、返品。 3回目はカシミアのマフラーをボクシングデーのセールで買い、感動の手触りに涙する。 こちらで働…

英国で茶柱〜郵便の巻〜

今の日本の製茶技術の進歩は凄まじく、均等に火が入りそして、不純物として見なされる様な小さな枝は取り除かれるため、茶柱が立つようなことはありません。 人生で見たことありませんでしたが、今日人生で初めて日本茶を飲んで茶柱が立ちまして、感動した次…

レディーファースト

衝撃的な体験の1つに挙げられるかもしれない。 よく聞く言葉、レディーファースト。 ホテル兼レストランで働いているからか、特に意識をしていたつもり、だったし。 お客様の振る舞いを間近に見ていて、知っていたつもり、だった。 お食事の後、いつも必ず、…

電車のホームドアって

電車のホームドア、そもそもplatform doorだと、フォームドア?が表記に近いのか?ガラパゴスイングリッシュだわな。 イギリスやらロンドンやらで、見たことがない気がするのだ、そんな印象。 郊外を走る特急電車のホームにも無し。 (ホームに社員さんがい…

人生は、まるで物語のようだ。

一度読んだ本を二回以上読む、なんてこと滅多に無くって、たまたま本棚の整理か何かで手に取ってパサっと開いた時に読むようなもん。 一度しまうと中々出て来ない。過去は過去。 ましてや、自己啓発や文庫・小説は、一度読んだら終わりなもんだから、記憶か…

鉄の心臓持つ女達、強し逞し。

その日の夜は、誰もが皆いつもより早く帰れると思っていた。 しかし、最後のあの女性2人組だけどうしても帰らない。 ラストオーダーにはデザートもお茶もきっちりオーダーしたし、 バーへご案内をしようとしても 「今ちょうど食事終わったの、もうちょっと待…

日本車がんばれ。

憧れの左ハンドル車…だとか、外車に乗ることが夢…とか、上司より格上の車に乗るのは…とか、外国車についていろいろな言い草がある。 国産車溢れる日本に居た時、僕の周りに外国車は多く走っておらず、少ない印象でした。 そんな日本を出たからこそ、時々見る…

グルテンとアレルギー

https://youtu.be/0E00Zuayv9Q PPAPが職場で流行っておりまして… 中国人の料理人は、調理中はずっと 時間にして5時間前後、飽きないものです。 そして、日本人がんばれ。 アジア料理を基本に出しているレストランのため、欧米食文化で使う食材を外して、お客…

本場の味か、現地の味か。

9月に入り、気温が上がっても25℃には届かず、雨が降ればもはや寒さすら感じる今日この頃。涼しさを好む者にとっては、最高な気候が続いてます。 先月のことになってしまいましたが、この前食べたハンガリー料理「グーヤッシュ」… じゃがいものパンケーキを添…

あちゅいふろ

職場にポーランド人がおりまして、30代前半で結婚をしてないけど、5人の子供がいる。 そして、僕はそのポーランド人に「Fastet Faster 」と、急かされている毎日です(笑) ポーランドには四季があり、特に冬が好きで中でも、スキージャンプは最高!!葛西紀…

NO!! と言えない日本人

タイトル通り、本当にどうして突っ込まれると反論やNOが言えないのか…自分でも分からない。 職場の外国人の上司から何か頼まれると、つい「はい」と答えてる自分がいる。 僕の頭というか、今までの習慣で「先輩は絶対」が刷り込まれてるんだろうなー。 これ…

先輩の嫌い、自分の好き

先進国で島国、同じようでいて全く違う。けど、少し似てるところもある。 英国には英国の風習があるのだな~と感じつつ、馴染みながら馴染めない今日この頃。 日本人の先輩と同期がおりまして安心感からか、仕事中につい口から出てしまう日本語に「これでは…