読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりらと、風に揺れる柳のように

流れるまま英国へ...。僕の心に漂う何かを綴る。

日本車がんばれ。

憧れの左ハンドル車…だとか、
外車に乗ることが夢…とか、
上司より格上の車に乗るのは…とか、外国車についていろいろな言い草がある。

 

国産車溢れる日本に居た時、僕の周りに外国車は多く走っておらず、少ない印象でした。


そんな日本を出たからこそ、時々見る日本車になんだかグッとくるものがあるくらい、外国車の方が多いけど、そんな外国車ひとつ取っても実は欧米亜の車ばかりで、英国の方から見ればそれもまた外国車なのだと。

 

多国籍化が進んでいて、ランドローバーはインド資本下だし、クーパーはドイツ資本、時々見掛けるチェコの車・シュコダもドイツ資本…もう訳分からん。

でもさ、自国ブランドの車がいい、ってのは共感できるところ。

 

けど、日本と同じそっくりなのが、車のハンドルが右ハンドルってこと、道路が左側通行ってこと。

日本と英国、アイルランドは同じ。

 

時々感じる共通箇所が、驚くほどに同じだったりして嬉しい。

けれど、だからこそ、もう少し多くの日本車が走っていてほしい。

 

新聞で読んだけど、英国の鉄道に、日立製作所の車両を導入したら、故障が減って遅延も減った、とのこと。

 

日本車がんばれ!!

 

グルテンとアレルギー

https://youtu.be/0E00Zuayv9Q

PPAPが職場で流行っておりまして…

中国人の料理人は、調理中はずっと

時間にして5時間前後、飽きないものです。

 

そして、日本人がんばれ。

 

アジア料理を基本に出しているレストランのため、欧米食文化で使う食材を外して、お客の好みや嗜好、宗教上の制限などにも合わせた調理が可能です。

これはこれで、いいのだけれど…

にしても、このグルテンフリー、グルテンフリー、グルテンフリーはやはりブームなのだろうか…。

 

アレルギーについて勉強がまだまだ足りませんが、統計上のグルテンアレルギーよりも、グルテンフリーのオーダーの多さと言ったら…。

 

そして、普通に出している味や食感と、グルテンフリーの違いと言ったら…

うどんのコシ無しバージョン、パンのもちもち無しバージョンとでも言いましょか。

 

でも、食べられない人が普通のオーダーとほぼ変わらず食べられる、これって幸せでもあるんだよなー。と、頭の中をいつもグルグルするのです。

 

日本とは違い、vegan対応やvegetarian対応など食品表示にはサインがあり、アレルギーの太文字表記は当たり前。

 

食べられないや出来ない、と一括りにするのではなく、普通の生活となんら変わりない生活が送りやすい。

そんな気がします。

 

 

追記

小麦アレルギー

小麦に対して身体が反応。

特に、アレルギー症状。

改善の可能性あり。

 

セリアック病

グルテンに対して身体が反応。

身体に対して身体が攻撃してしまう。

一生続いてしまう。

 

iHerb

通販サイト

 

本場の味か、現地の味か。

9月に入り、気温が上がっても25℃には届かず、雨が降ればもはや寒さすら感じる今日この頃。涼しさを好む者にとっては、最高な気候が続いてます。

 

先月のことになってしまいましたが、この前食べたハンガリー料理「グーヤッシュ」…

じゃがいものパンケーキを添えて。

f:id:dothelaundry:20160907003735j:image

職場のハンガリー人たちが口を揃えて「それは、ビーフシチューだよ」「本物はスープ!ビーフスープ!!」「じゃがいもパンケーキなんて食べない!!!」とのこと。

 

かる〜い気持ちで覗いたウィキペディアにも、「日本でいうところの味噌汁」とも書いてある。

そんなんだからか、ハンガリー人に言わせれば「あくまで、UKテイスト」なのだとか。

本場の味で仕上げるか、それとも現地の人たちが食べやすい味で仕上げるか。

 

こういうことって、実は多い気がする。

街には、中華系オーナーが営むアジア系レストランや、大手チェーンの日本風レストランなんかもありまして…

メニューを覗けば、DONBURIやTEMPURAを見つけることが出来るのです。

 

ただ、どうなのでしょう。

日本の天ぷらを思うと、クリスピー海老フライに感じるし、照り焼き丼確かに鶏照りと丼だ!!けど、辛すぎてなんか違う気がするし…。

 

欲を言えば、本場の味で食べたかったけど、自分じゃビーフシチューなかなか作れないし、何より美味かった(笑)

お店もボランティアでないし…。

食材とか調味料やスパイスとか、手に入らない時もあったりなかったりするし。

 

お米の話だと、こちらで手に入るお米は長粒米ばかりで…好きなんだけど、安らぎは感じない。

だからこそ、日本人の僕には日本のお米のモチモチと甘みたっぷりが本当にうまいのです。

 

こりゃー、ハンガリー行かなきゃな。

 

あちゅいふろ

職場にポーランド人がおりまして、30代前半で結婚をしてないけど、5人の子供がいる。

そして、僕はそのポーランド人に「Fastet Faster 」と、急かされている毎日です(笑)

 

ポーランドには四季があり、特に冬が好きで中でも、スキージャンプは最高!!葛西紀明選手は一押しだぜ!!とのことでした。

 

そのポーランド人の口から、ノリアキカサイと聞いた時は鳥肌が立ったし、オリンピックもそうだけどスポーツは国境を越えるのだなー、と感じた次第。

 

その一方で国と国の話、特にEUや英国離脱の話となると、何に付けてもドイツは嫌い…と話をされます。

かつて、国連常任理事国入りを目指す某国に、いつも反対をする某国…なんて話がございました。

 

自分自身が覚えていたのが、ドイツが立候補をするとポーランドが必ず反対をする、という事例。まさにそうだなと。

あの、アウシュビッツポーランドにあるのです。EUやユーロと時代は大きく変わりましたが、国境は心の中にしっかりと本人達が持っているのかもしれません。

 

けど、今のユーロはドイツ抜きには語れない…本人曰く、このまま離脱の流れが本格化して、英国在留資格やビザが取れなければ、ドイツで働く。とのこと。

 

本人もそうだけど、ポーランドの力強い印象を受けたのが、街に出るとPolish restaurantやPolish shopと書かれたお店が目を凝らすと見つかります。

特に、東欧料理に加えて東欧の食材が手に入るため、ポーランド人だけでなく東欧出身の方々が料理をする際に利用されてます。

 

ポーランドの話をしておきながら、今日のお昼はハンガリー料理を食べました。グーヤッシュ(Goulash)というビーフシチュー、本当に最高でした。

この先も今日のような、平和とお肉を噛み締める日々がどうか続きますように。

NO!! と言えない日本人

タイトル通り、本当にどうして突っ込まれると反論やNOが言えないのか…自分でも分からない。

 

職場の外国人の上司から何か頼まれると、つい「はい」と答えてる自分がいる。

僕の頭というか、今までの習慣で「先輩は絶対」が刷り込まれてるんだろうなー。

これが、後々になって本当に嫌な気持ちになって心に返ってくる。まるで、丸め込まれたような気がして悔しい、本当に悔しい。

 

その一方で、頼んでくる外国人達は、あくまで対等に付き合い・向き合っているから、拒否した時は一瞬嫌な顔をするが、それはそれでOKなんだわな。

対等だからか、理由を詳しく聞いてこない。

今は無理だからちょいと待て、友人と会うから無理、予定入ってて無理、すまん体調悪い、こんなんで良かったりする。

 

僕が日本で働いてた会社の部署によっては…

休みを取るために、上司に詳しく理由をプレゼンしないと希望休を取れない、そんなブラックな所があったことを思い出した次第。

 

ある意味でドライというか、日本の上司と部下や先輩と後輩の関係と比較して、こざっぱりしてて新鮮な感覚。

 

けど、休みに仕事を急に入れられて、拒否出来なかったから、ウインブルドンとオペラを観に行けなかったのは本当に悔しい。

 

まぁ、チケット代払うより稼いだから良しとするぜ!!

無理なら無理、にんげんだもの

先輩の嫌い、自分の好き

先進国で島国、同じようでいて全く違う。けど、少し似てるところもある。

英国には英国の風習があるのだな~と感じつつ、馴染みながら馴染めない今日この頃。

 

日本人の先輩と同期がおりまして安心感からか、仕事中につい口から出てしまう日本語に「これでは、語学が上達しないわな」と苦笑する毎日。

英語で会話をするようにしてはいるものの、相談や重要な共有事項だとやっぱり別、母国語は便利です。

 

そんな中、先日あったマネージャーSとのミーティングの日。ミーティングのことを先輩に話すと、先輩はSことが苦手なようで、「嫌い」とのこと。

 

少し身構えてミーティングをしてみれば…

メンバーを考え、そして忙しい中で自分の人生を楽しんでいる良い方でした。

ぼんやりとだけど興味ある事柄の話をすれば、ボランティアを紹介して頂いたり…と、

むしろ感謝してます。

 

どうやら、僕は好感を持っている相手の気持ちを移し取って、自分の気持ちにしてしまう。

要するに、自分の気持ちでないのに、自分の気持ちにしてしまうから疲れるんだわなー。

という一つの気付き、に感謝した次第。