ゆるりらと、風に揺れる柳のように

流れるまま英国へ...。僕の心に漂う何かを綴る。

イギリスの最低賃金は?

いくらビザがあっても仕事がなければ…

仕事があったとしても働かなければ…

何時間働こうと、お金をこの手に握るまで話は別だ。

 

政府の最低賃金に関するページ

https://www.gov.uk/national-minimum-wage-rates

年々少しずつだが、増額しているようだ。

 

25歳以上は£7.50、21-24歳は£7.05…

詳しくはページ参照。

 

そして、今年の4月から賃上げがあった。

町によっては、水道代が上がる所もあったようだし、オーナーがレストランを営み人件費がかさみ、家計状況によっては家賃が上がった所もあったようだ。

幸い、僕の家のオーナーは知らなかったのか…

分からないけど、値段は変わらなかった。

 

 

もちろん、社内のポジションや経歴・資格など…

諸々の条件によって変わるのは日本と同じだし…

エージェントを介すと、職場側と手を組んでいて相手側へ都合よく条件設定されていたりする時もある…。

ともかく、不満や希望は口にし交渉する。

 

もっとお金を稼ぎたい、ホリデーを少しでも長く取りたい、帰国前にこんなことをしたい・経験したい…

など、自分のやりたいことを同僚へ相談するのではなく、頼れる上の立場の人へ伝えること、これは本当に大切なことでした。

 

日本みたいに察してくれる。そんなこと、まず無いので自分でなんとかする。これに尽きます。

 

最低賃金のページを教えてくれたのはマネージャーだったし、何かと相談をすればヒントを与えてくれたのもマネージャーだった。

ホリデー休暇を3月まで注ぎ込み、4月からはバリバリに働く、なんて時間を過ごしていた。

 

 

お金の使い方なので、なんとも言えないけれど…

僕は数日の休みでも、旅行に出たので…

そんな生活をしていると毎月カツカツだったと、本当に感じます。

けれど、安いスーパーで買い物をしたり、自炊など抑える方法は幾らでもあると思います。

 

 

・2つの異なる銀行口座を持つ。

(ロイズとHSBCは作りやすいです)

・職場の入金用、もう片方は貯金用と分ける。

・給料日明けに、毎月貯金用へ入金する。

 

銀行の店舗内にDEPOSITと書かれた機械から、自分の口座へ紙幣の入金は可能。

(硬貨不可、入金時キャッシュカード必須)

 

通帳は家に送られてくるけど、窓口やネットから登録を削除することが出来る。

(アプリで残高確認が出来るし、郵便が面倒でした)

 

日本のネットバンクみたく自動積み立て入金、なんてサービスは英国の銀行にもあると思うんだけど… nat westが良いのかな?(確証ありません)

 

こういうこともマネージャーに聞くべき!(汗)

 

 

ともかく、よく聞く100万円。

お金はあるならあるだけ、ゆとりある生活が送れる。

それは確かなことだと思います。

どこに住み暮らすか、例えば水道は?

例えば、世界で一番美しい村だとか、住みたい〇〇何十選だとか、色々な表現を持って観光客へのアピールはイギリスでもある様に感じる。

 

インターネットで調べれば日本語の記事はもちろん、住みたい町ランキング・生活の質良く暮らせる町ランキングも、探すと英語の記事が出てくる。

 

ちなみに、僕がダブロイド紙と気付かずにブックマークしてた記事は、スコットランドウェールズ北アイルランドはランク外!!で、ハンプシャー最高!と書いてある。

(何かが裏で動いていて、記者の人実は村民か?)

どの記事がダブロイド紙か分からなかった自分を今なら笑えるが、記事の鵜呑みはいけませんな。

 

 

さて、人口が一番多い都市は首都・ロンドンだ、仕事も遊びも何もかも多くあるだろう。

遊びや旅行として行く分には良いけれど、住んでいる・いた人に聞けば必ず…

・水を沸かすとミネラルの結晶が沈む。

・ブリタは必須で、お水は買うもの。

・髪の色が茶色くなった。

中には、水が臭い・敏感肌にはちょっと…など。

 

けど、人々はロンドンだけを拠点として生活してる訳ではないし、日本のほとんどの地域の様に蛇口から軟水が飲める町も当然あるのだ。

 

そんな時に硬水・軟水マップ

https://www.bristan.com/hard-water-map や、

イギリスの住所から水の硬度を探せるページ

https://www.kinetico.co.uk/hard-and-soft-water-explained/hard-and-soft-water-uk なんかがある。

 

 

イギリスワーホリは、日本で例えるなら契約社員形式で、ある程度の勤務期間が必要になるケースが多く、豪州・NZの様に町を転々とする働き方はあまり多くない。

(EU諸国出身の方々は別なのだろうけど…。)

 

けど例えば、ネット求人サイトや町の職安job center plus、などで次の職場が見つかる可能性もあるし。

その上で、移民の方が多いのか、安いスーパーはあるのか、平均家賃はどのくらいか、天気は良いのか、交通手段は、病院は…など、町の雰囲気との相性も然り。

 

 

ともかく、水が飲めることのありがたみと、そして日本の水道事情の良さ(ひねればすぐに安心して、安全な水が飲めること)を感じました。

でも、それは自然の脅威と恵みから頂いた、正に賜物。忘れていた感謝と畏敬の気持ちを思い出させてくれました。

You alright ? そうかいそうかい、朝の僕は眠そうに映るかい。

 

テレビでは、グレンフェルタワー関連のニュースが途切れることがありません。

僕の中のイギリスのお家のイメージは石造りでお隣さんと同じお顔の家、だったので高層マンションは確かに衝撃ではありましたが…。

 

この国に来て驚いたこととして、誰しもがフランクにHow are you ? How are you doing ?

(Are)You alright ? …

 

と、挨拶を交わしていることで、

Hello !! よりも多いくらいだ。

 

ただ、正直面倒くさいのが本音…

Yeah yeah, Good good, it's ok, Not so bad ......

 

 

挨拶であり、あくまで会話の入り口の決まり文句と分かっていながらも、今でもすごく気になってしまうのだ。

 

眠い時もあれば、調子があまり良くない時もある、けどご丁寧に自分の体調を話すよな関係性でもない時もある。

叶うなら、本音だけで話せたら良いけど、会話の頭から面倒臭くさせるのも嫌だし、どこでも違いはあるものだ。

 

 

日本だと、おはよう!→おはよう!は普通な印象だけど、こちらだとgood morning!! →good morning!!はあまり聞かないのだ。

 

ただ、日本でも大丈夫?と聞かれて…ダメ。

元気?と聞かれて…あんまし良くない。

と、なかなか言えずに…うん、大丈夫!!

(本当は全然だいじょばない!!)

 

 

そんな訳で、Hi ya !!, Hi there !! は好きかな。

日本で聞いたことがない言い草で、イギリスにいるのだなと勝手に実感している。

独身賛歌

 

一独り身の男子としては、先輩方の独り身人生が気になることもそうだし、こちらの国の独り身生活も気になるのだ。

 

スコットランドに住んでいた僕の友達・ジェームズは、イングランドに住む友達に引っ越したいと相談…(仕事はお休み中です。)

そして、教えてもらったのがスコットランドに近い北イングランドの町というか村だ。

 

ジェームズはインターネットで家を探して引っ越し…

ここまでは、日本でもありそうかな。

 

 

そしたら、引っ越し後の歓迎会のようなコーヒー会を町が教会で執り行う。

そこで、ジェームズは同じく酒を飲まない・近い年齢のサイモンと知り合い、一通りのことは自分でやりつつ…時には家を行き来し助け合う、そんな生活を送っている。

 

 

小さな村だから、平日の教会は人がいない時間の方が多い。けど昨日の土曜日、結婚式で使われていたり。

町主催のイベントで使われたり、歓迎会のような催しがあったりと、宗教と文字で表すよりも、町に溶け込んでいるようなそんな感覚でした。

 

町主催での歓迎会を含む、既存住人と知り合うということに正直イメージが湧かないのだけれど…

教会の使い方や歓迎会など、人と人とが町と繋がりやすくなっていて、純粋に良いなーと思った次第。

 

 

結婚式の男性の参列者が、紺色のセットアップに水色のダブルのベスト、赤いネクタイで髪はもちろんキメていたり…

スコットランドに近いからか、明るい緑のチェック柄のズボンを履いていたり…と、少し町の様子を覗けて凄く新鮮。

 

ジェームズは毎日手作り料理を堪能しつつ、日課の散歩に汗をかく。

方やサイモンは、築500年の暖炉に増築をした家に犬と暮らし、旅に出てカヌーに乗るなどアクティブな一方で、庭をいじるそんな毎日。

「隣の家の出窓は古く見えるけど、まぁ築100年かな…?」など、古いものを大切にしつつ、自分の時間を大切にしている姿にイギリスの良さを改めて感じました。

 

 

とりあえず、独り身でもなんとかなりそう。

けど、人伝てと車は必須。そして、お金。

人脈を広げることにも手を付けつつ、早く車が自動運転の時代になってほしい(笑)

 

ニンジンがマズいなんて…

 

旅先にて、バスを乗り間違えたがために、

本来ならば来るはずのない場所にて、次の便まで2時間と…途方に暮れていた中で出会った友人。

 

時間空いたら家来いよー、と言ってくれた。

そして、遊びに行った次第。

 

料理を作ってくれたから、こちらも何か…と思って棚を見ると、焼きそばなら作れそう。

野菜もあるらしい。

 

と、思って冷蔵庫から出て来たのが…

丸々のキャベツ、インゲン豆。

(ここまでなら、なんとかなる筈だったのだ…)

 

そして、パックに入ったカット済みニンジン。

冷凍の後、解凍されたきのこ。

 

そして、炒める中で気付く、箸がない。

(ここ日本じゃないのだ…。)

 

下茹でしたけど、ニンジンの香りがキツイ。

えぐみのある味と、ふにゃふにゃの食感…。

甘みのない人参を人生で初めて食べた。

きのこは、(椎茸シメジ・エリンギ等…ではなく)解凍後の黒い水とでベチャベチャ…。

(ここ日本じゃないのだ…。)

 

その時点で、自分としては粉末調味料では隠せなくなり、誤魔化そうにも醤油ない。

(ここ日本じゃないのだ…。)

 

 

焼きそば一つ作れず、落ち込みつつ実食。

そんな気分の中、言ってもらったこれ良いじゃん⁉︎…は、気を遣わせてるように聞こえ尚更凹む。

 

普段あまり料理をしない自分が言えたことではないけれど、人参くらい生を買おうよ…と、思わず小声の日本語がこぼれた。

 

けどさ、人参はスーパーで数少ない英国産を買える野菜なのに、なぜパックなのか…。

パック野菜は確かに便利だ!!けど、(あくまで個人的に)ニンジンのパックは命を頂いてる感覚が薄いな…と。

 

 

イギリスで生き残るには、自分はひ弱。

所詮、ladやな…。

 

お金は掛かるけど、スーパーで新鮮な物を選び買うことは、間違ってなかったなーと。

そして、今まで食べてきた食べ物によって、今の自分の身体があると思うと、日本の新鮮な野菜・果物、そしてお米が本当に恋しい。

今、ヨーロッパは世界は僕の周りは

この前は、マンチェスター

そして、つい先日ロンドンと…。

 

自分が知っている・行ったことのある街や店、そんな場所やその近くで実際にテロが起こる。

 

もしかしたら、その時に居たかもしれない。

そんな人だっているはず。

 

今こうして生きていることに、意味だとか何だとか分からないけれど、せめて精一杯毎日生きてゆきたいと思うこの日々。

 

 

本当の関わりは分からないけれど、イスラム系組織が声明を発してはいる。

けれど、これでイスラム教や信者を否定するような動きは、第二次大戦中のナチスドイツの動きと同じになってしまう。

 

ポーランド人の同僚がいるだけでなく、ブログに書いてはいないけれど、ポーランドへ旅行に行き、アウシュビッツにも行ってきました。

知らなかった事が本当に本当に多いと、その時感じたし、今でも毎日感じてます。

 

今でもヨーロッパでは、例えばコントやパロディなどで、ポーランド人をおちょくる(俗に言う、ジョーク)番組や動画があります。

(昔、社会主義でもあり、ネタとして豊富でもあったのだろう。)

第二次大戦中、ナチスドイツはポーランド人に対し、ネガティヴキャンペーンを大々的に行い、その名残が今も出てくるのだ。

 

 

今、この状況でイスラム教や信者の人たち、そんな人たちが多く住む国に対し、何か否定的なことをするのは間違っていると、僕は思うのだ。

もちろん、テロは起こってほしくないし、テロには断固反対します。

 

けれど、文化や信仰の違いというだけで、善良な市民をも否定することだけは、避けたい。

例えば、ここ一年の大統領選挙や国民投票などで、brexitや極右に加えて、反グローバリズム移民問題

国や政府の方針は方針として一旦置きまして、一市民として思うことは自分だけ良ければそれで良いのだろうか?

 

選挙の結果や、国や政府の方針として国民を大事にするその動きは真っ当だと思う。

けれど、その上で僕も自分のことを第一に考えるが、相手のこともまた尊重してゆきたい。

僕らが戦うべき相手は、利己主義なのではないか?と思うのだ。

 

イギリスにいる今、ここで出来ることは、とにかく感じ取ることだと思う。

ワーホリに来たから、明確なビジョンを見つけ、大幅に成長した訳ではない。けれど、ここで得た感覚は日本に戻った時に、きっと僕を支えてくれる気がするのだ。

文章にすることは本当に簡単だけれど、そんな基本的なことを大事にして生きてゆきたいと思う。